カテゴリ: おふたつめ

奈良マルヒ研究所・研究員kobutaです。
最終回です。
さてさて、このあたり、佐紀町のことについても少しだけ。
位置的に言うと、かの平城宮跡、大極殿の裏っかわ。
昔は平城京の庭園があった所とゆうことなんですが。(松林みたいな?たしか)
子供の頃はほんっと〜に何もなくて、まあいまも何もないところなんだけども

この、歌姫に続く道は、入江泰吉先生の「入江泰吉 大和の暮らし」
にも載っている。(たぶんココ。この写真集はおもしろいので必見です!)
ここでも、木が残してありますね。やっぱし何か目印なのかも。
昔は京都などに行く時にトコトコ歩いてここを通ったカモ。

なんか有名なパン屋さん「miya's bread」さんも
このへんにありますが、もう3回いってるがいつも休みにあたる。
何故〜。食べたいよ〜

かわったおうちもある。このあたりでいつもレンゲとか摘んで遊んでた。
そんな感じで歩いていると、ああ、あれがあった!
平城天皇陵

このさいだから寄っていこう!と、ついであつかいされるかわいそうな平城天皇。

裏からまわると見えにくく、ここかあ〜〜〜??と、民家のスキマから撮っていたら、
おいちゃんに「もうちょっと先に行ったら参道があるから。」と言われる。

行ってみると平城宮跡からまる見えのところで、記憶がよみがえった。
地元民からも、「そういえばここ、あった!」と言われる、地味な御陵さん。
ヒョッコリと現れる、大極殿さん。


佐紀町とゆうバス停、ここでバスを待って小学校に通っていた。
大極殿とは、天皇が大事なことおっしゃったりするところであり、ここで恐れ多くも、
ランドセル放り投げて刑ドロしたり、ゴム飛びしたり、
走り回って遊ぶとゆう、
ぜいたくなことしてる後生のわたしたち昭和のコドモであった。
いつのまにかボロボロだったバス停も、大極殿仕様になっててビックリ。

私が平城宮跡で最も好きな景色はコレ。
草原の中を電信柱が遠慮なく通る。

ハイハイちょっとごめんなさいよ〜 とゆう感じ。
最後に水上池へ。ここを抜けて、またウワナベに帰る。


水上池の釣り堀は、こんなにも、というくらい朽ちたままほっておかれていて、
もの悲しい気持ちになる。

だれかなんとかしちください。

だけども、空が広く見えてものすごくキレイ。
ならほるもんを作らなければ、子供の頃育った、ここにはもう来なかったかもしれない。
もし、これを見て、行ってみたいと思って下さる方がいたら、
おもしろいかもしれないし、あまりにも何もなくてビックリするかもしれない。
古墳好きな人なら、ちょとだけお勧めするかもしれないけど。
でもなんといっても、田舎で見る空というのは、田んぼや畑、自然というものは、
本当に都会では味わえない、素晴らしい景色。
古き良き日本はきっとものすごく美しかったハズ。
なのに、都会に来るに連れ、ヘンな色の目立った看板が、ヘンな建物が、ヘンな色のネオンが
風景を、日本を汚している。
でもちょっと離れるとまだまだ素晴らしい景色というのはいっぱいあるので
そうゆうところを探して、行ってみてください。
そしたら、日本の素晴らしさもわかるし、違う発見があるとおもうのです。
ならほるもん古墳ツアー、終わり〜☆★

おはようございます。
研究所員の kukkaです。
みなさん、3連休はいかが過ごされましたか〜?
私はのんびりだけどかなり濃い連休を過ごしました 
またまたならほるもんおふたつめ&おひとつめを置いていただきました。
恵文社一乗寺店さん(京都市左京区一乗寺)
ガケ書房さん(京都市左京区北白川)
神戸、京都と置いていただけるお店が増えました。
お近くにお住まいのみなさん、一度お手にとってみてくださ〜い。
奈良のみなさ〜ん。
素敵なお店なので是非行ってみてくださ〜い。

おはようございます。
研究所員のkukka です。
今日が3連休の最終日。
みなさまの3連休はどんなお休みでしたか〜?
さて、
またまたならほるもんおふたつめを置いていただきました。
いしころカフェさん(神戸市東灘区)
神戸のカフェでの〜んびり過ごしながら、ならほるもんを堪能くださ〜い 
そして、次は京都へ・・・

奈良マルヒ研究所・研究員kobutaです。

神功皇后陵
近鉄平城駅の左がメジャールートだろうが、右の方が眺めが良かった。

かなり大きい。ちょっと他の古墳と離れているので、
イメージはおとなしいマダムといった感じで正解かも。
(おふたつめマップ参照)
奈良ファミリー周辺からがーっと移動。

猫塚
ほんとにただの竹藪。
近所の犬にほえられ、退散。
(って今気づいたけど、時間が戻っている。おかしいね!呪い、呪い!!)
瓢箪山古墳
昔に比べて整備が行き届いてない。ここだけは登れる。
前方と後円のつなぎのとこらへんからダンボールソリをしていた。

松ぼっくりがたくさん落ちている。

子供の頃のkobutaの遊び場。ハムスターもねむってる。
友達と良く語ったものだ。人生について(?)
マラ塚
入り口はわかりにくい。車では入れない。

(え、本当にこの道?と思うだろうから、特に女子が1人で歩くのはお勧めしない…かも)
この道は犬の散歩にたまに行ってたが、このあとすごい森になる。
曲がるところに印象的な木がある。
昔からある木を、目印に残してあるんじゃないか?

よく、てるちゃん(父親)と、かぶとむしを取りに行ったりした。
わたしは、かぶとむしは欲しくなかったけど、大阪のいとこが来たりすると
たぶん、都会ッコは普段できない遊びだろうからと、
なんかつきあってあげたりしていた。


塚自体は竹藪みたい。裏に、ホリらしき跡があった。
で、ここをまーっすぐ抜けると…

歌姫町に出るのです。
添御県座(そえのみあがたいます)神社

ホラ。出口のところに大きな木が。
(狭いのにものすごい交通量あるんですよねここ…歌姫街道。)

大和から歌姫街道を抜けて諸国に旅する際の国境に鎮座する手向けの神として崇拝されたとか。
乗り物を下りて神社に入るようにという意味の看板らしい。


個人的には歌姫サロンに行ってみたいところ。
誰か一緒にいかがです?うそだけろ。
(まだ続くお!)

奈良マルヒ研究所・研究員kobutaです。
「長いな!」そういわないで。
成務天皇陵
山陵(平城駅)の方から入ると、ギリギリのところまで家があって
ムリヤリ写真を撮った。

このドーナッツな感じ… 好きかも♪♪笑

…とおもったら、後方部分に出て、広くなっていた。

それどころか、とっても素敵な散歩コース。きもちよい。
隣の2つの古墳(特に日葉酢媛命陵)とキュウキュウに
隣り合わせになっていておもしろかった。
日葉酢媛命陵
こちらが成務天皇陵とキュウキュウになっている様。

こんなにピッタリ隣り合わせだなんて…
なんだか、うたがってしまう… 色々なことを…♪
(深い意味はない)
でも、航空写真を見ると、なんだかピッタリとよりそっていて
かわいらしい。

下のふたつね。
この道はいいですよ。なんだかせいしゅん。

おもしろく気分良い散歩となった。
孝謙天皇陵
奈良ファミリーのそばの道路側からしか見られないが、木が病気でもしたのか、
かられていて残念な感じ。
何か祭っているのか、数人の人々が掃除などしていた。
手前で白いところを掻いている。ガリガリと。


前の畑のおじいちゃんは、何事もない感じで畑仕事にせいをだしていた。
〜まだ続く〜

↑このページのトップヘ